読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jack of all trades

master of none. 多芸は無芸を地で行く、自作自演何でも屋。

SQLServer2016の製品版自習書と業務で使用するT-SQLの強化ポイント備忘録

不意に、手元にダウンロードしていたSQLServer2016の自習書がCTP時のものだったことに気付いたので、製品版の自習書を探して入手。

SQL Server 2016 - マイクロソフト クラウド プラットフォーム

SQLServer2016におけるT-SQLの新機能について、R統合やJSON対応が目玉として注目される中、どっちかというと業務ではこっちの方が必須になるであろう強化ポイントがあったので備忘録として書き残すことにします。

オブジェクトの存在を確認して存在する場合は削除するクエリ

とても地味ですが絶対使います。
例として「'obj1'という名前のオブジェクトが存在するかチェックして、存在する場合は削除する」というクエリを書くとします。 SQLServer2014までは以下のような感じです。

IF EXISTS (SELECT * FROM sys.objects WHERE object_id = OBJECT_ID(N'obj1'))  
  DROP TABLE obj1

SQLServer2016からは以下のようにかなり簡潔に書けます。

DROP TABLE IF EXISTS obj1

バージョンアップごとの自習書確認のすゝめ

本エントリーは本当に1機能をピックアップしただけの備忘録なので、どっちかというと冒頭に記載した自習書を確認することをお勧めします。
最上位エディションでしか使えない機能やゴリゴリの分析機能だけでなく、T-SQLSQLServerのバージョンが上がるごとにちょっとずつ便利な機能が追加されているので、冒頭に記載した自習書等を確認して有用な情報を仕入れることをおすすめします。