読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jack of all trades

master of none. 多芸は無芸を地で行く、自作自演何でも屋。

Vaio Pro 11をWindows 10にアップグレードした

※本記事の内容は実際に行った作業の備忘録的なものであり、公式に保証された手順ではありません。
Vaioの公式では現段階でのWindows 10へのアップデートは検証段階であり非推奨となっています。
https://www.sony.jp/support/vaio/windows/10/
実際にWindows 10へのアップデートを実行される方は自己責任でお願い致します。

ということで辛抱たまらずWindows 10にアップグレードしました。結論を先に言っておくと1勝1敗です。熱い戦いでした。 (訳:1回目のアップグレードに失敗して、2回目はリカバリーから順番にアップデートで成功)

1回目のアップグレード(最近まで普通に使用していた環境のまま単純にアップグレードを実行)では、概ね正常に動いていると見せかけてインターネットにつながらないという現象に見舞われました(おまけに復旧を試みる過程でネットワークアダプタが一覧から消失、詰んだ)

他所の記事でタッチパッドのドライバーが対応していない等の情報も得たため、こうなったら万全の体制を整えてからリトライしてやろうと思いPCのリカバリを決意。クリーンな状態から順番にアップデート&アップグレードすることに。

まずはWindows 8.1 UpdateまでひたすらWindows Updateの繰り返し。
更新できるものが無くなるまでひたすらアップデート。

次にネットワークアダプタのドライバを最新に更新。
https://downloadcenter.intel.com/ja/download/25196/Intel-PROSet-Wireless-Software-for-Windows-10

タッチパッドのデバイスドライバーはとりあえずダウンロードだけしておきました。
(Windows 8.1 Updateの状態ではインストールできなかった)
http://www.synaptics.com/en/drivers.php

満を持してWindows 10へのアップグレードを実行。

Windows 10にアップグレード完了後、ログイン→インターネットに繋がってない!!!→デバイスマネージャー見たらネットワークアダプタに黄色い三角に「!」マークのアイコンが付いてて、プロパティを開くと「再起動後に有効になります」的な表記が→OS再起動→インターネットに繋がった!!!

ダウンロードしておいたタッチパッドのデバイスドライバーをインストール。設定画面が変わっていたものの、以前と同じ操作感でタッチパッドが使えることを確認。

とりあえず今のところは何の不具合もなく使えてます。Visual Studio 2015も問題なさそう。Hyper-Vとか確認してみないとなぁ。あとはサードパーティのソフトウェアがどこまで対応しているか。 試した限りで気になる点があれば追記していこうと思います。